更新

2006年10月22日

便秘と肥満の関係

便秘になると、太りやすくなるとよくいわれます。

便秘が続けば、当然のように体重が増えるため、
単純にそう思われがちです。

でもそれって、本当なんでしょうか?


肥満というのは、そもそも体脂肪が増えることをいいます。

なので、

体重の増加=肥満 

という簡単なものではないですよね〜



肥満の原因の多くは、カロリーの摂り過ぎや運動不足、
あるいは遺伝的な要素も多いため、
その原因を特定することはできません。


肥満の原因のひとつと考えられているものの中に、
有害物質があります。

実はこの有害物質が、
便秘と肥満を結びつけるキーワードになっています。



便秘になると、有害物質が排出さずに、
体内に取り込みやすくなるといわれています。


有害物質には、日常摂取する魚介類や水道水など、
体内に蓄積される有害金属も含まれ、
これらが体内の酵素の働きを邪魔することがわかっています。


酵素には、消化吸収、エネルギーの使用、
脂肪を分解するなどの働きがあるため、
有害金属の蓄積によって、酵素の働きが悪くなると、


食べる→燃やす→排出する


というエネルギー代謝を妨害してしまうため、
結果的に太りやすい体を作ってしまうのですね。

ですから、ここでみなさんがおっしゃる 

便秘=肥満 

も正しいというわけです。


最近では「デトックス」という言葉が一般的に使われるようになりました。

これは、毒素を排出して、
健康やスリムな体を手に入れようとする考え方ですよね。


便秘解消も、デトックスという意味では効果があるわけですから、
ダイエットにも効果的ということになりますね。

体にとっていらないものは、どんどん出してしまって、
健康とスリムを手に入れましょうね^^

↓↓↓↓
便秘・宿便はダイエットの大敵

だそうです。

こちらも参考に

↑↑↑
ランキングだったり(笑)
posted by 便秘解消 at 16:11 | 便秘解消法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。